株式会社アカシックの{かーるく}シリーズ【施設予約システム,チケット販売システム】

大垣市文化事業団様

大垣市スイトピアセンターのご紹介

大垣市スイトピアセンター

大垣市スイトピアセンターは、文化会館・学習館(含こどもサイエンスプラザ)、図書館から成る複合文化施設です。
スイトピアと言う名前の由来ですが、スイトは「水の都」、ピアは「ユートピア(理想郷)」の中のトピアで「場所」となっており、その名のとおり、水の都「大垣」の中心となる生涯学習施設です。

(公財)大垣市文化事業団 事業課の村瀬様、総務課の西田様にお話をうかがいました。

{かーるく満席}を、ホールでの公演の案内だけでなくイベントの告知ツールとして利用したりなど、積極的な活用の取り組みを進めて頂いております。

 今回は、大変興味深いお話をお聞かせ頂きました。

導入の背景

-チケットの取扱窓口が分散しており、配券・返券事務に課題がありました-

 チケット販売システム導入前は、公演毎に印刷した実券を直接管理する形でチケット販売業務を行っていました。

当財団は複数の指定管理施設を運営しているため、チケットの取扱窓口もまた分散していました。 そのため配券・返券事務に難があり、お客様の欲しい座席が空いているにもかかわらず販売しにくかったり、満席に近づいてきたときなど、リアルタイムでどの席が販売可能なのか把握するのに大変な手間がかかっていました。

 近年では、可児市文化創造センターなど岐阜県内の他施設でもチケット販売システムの導入・運用が進み、インターネットやスマートフォンなどの利用が一般化している現在、お客様サービスの更なる向上という観点から、当財団でも積極的にシステムの導入を検討しておりました。

また、各主催事業のチケット販売実績について伸び悩みがあったため、インターネットでの購入、コンビニ発券、クレジットカードでの支払いなど、サービスを多様化し、利用者の利便性を向上することで現状を打開できるのでは?という期待がありました。

{かーるく}導入の決め手

-コンビニ発券と、携帯電話から座席指定が出来ることが重要でした-

 大垣市内にはサークルKサンクスが多いため、サークルKサンクスでのチケット発券が可能なシステムがやはり魅力的でした。

また、運用コストについても他社と比較させていただきました。
当財団では、複合施設を管理しているため、ホールでの公演事業以外にも、科学や美術分野のワークショップなど様々な分野の事業を展開しています。導入検討時からそうした多分野での利用が構想としてありました。そのため、1利用毎に課金されていくタイプのシステムよりも、一定の運用費のみで、様々な運用用途に適用可能であることが必要でした。

 加えて、固定的な運用しかできないタイプのシステムとは異なり、個別ニーズに柔軟に対応出来るカスタマイズが可能であったことで、将来的な拡張性に優れると言う点が、当財団の求めている構想を実現しやすいシステムであると評価しました。

さらに、お客様の環境が異なっても同じサービスを提供できる点も見逃せないメリットでした。
具体的には、携帯電話からも座席指定が可能である点です。
従来は配券の難しさもあり自由席での販売が中心であったものを、システム導入後は、指定席中心に販売することを予定していました。システムによっては携帯電話からは座席指定ができないものも多い中で、パソコンでの購入同様に座席を指定することが実現できている点が重要でした。

導入の効果(メリット)


-事務作業の圧縮・軽減と、チケット在庫確認の正確性が担保出来るようになりました-

システムでチケット在庫が一元管理され、リアルタイムに空席情報が確認できるようになり、お電話等でお問い合わせの際に、各窓口や他部署に残席状況を照会する必要もなくなり、その場で空席案内ができるようになりました。

また、プレイガイドや、各種委託先へのチケットの配券状況などが、複数の窓口でリアルタイムに共有出来るようになり、販売状況を確認しながら委託先への配券を変更することもできる様になりました。

 これまでは、販売数の変遷状況などは、感覚的な把握しか出来ていませんでしたが、帳票から得られる数値をグラフ化した形で販売推移を見みていくことで、色々な判断が出来る様になりました。

-利用者の利便性の向上が果たせました-

 

来館のお客様にはデュアルディスプレイで空席情報を分かりやすく提示が出来るようになり、欲しい席をお買い求め頂きやすくなりました。

 システム導入前は自由席が主体であった為、どうしても公演当日に入場順を待つ行列が出来てしまいがちでした。

それが、システム導入により指定席を中心とした公演が実施できるようになり、行列がなくなり、 お客様には、ゆったりと入場頂けるようになりました。

 また、取扱の間違い等の防止やチケットの受渡が会館窓口に限られたことから、従来は電話でのチケット予約が可能なのは友の会会員のみでした。

システム導入により、お客様情報や購入内容が正確に管理できるようになり、友の会会員に限らず電話予約いただき、コンビニで発券し受け取って頂く事ができる様になりました。

 さらに、夜間における予約が一定数あることが分かり、お客様それぞれのライフスタイルに合わせて、ご都合の良い時間帯に購入して頂ける環境をご提供出来たことが確認出来ました。

-幅広い情報発信ツールとして-

 当初の想定通り、チケットを販売する公演以外にも、例えば教育・学習等を目的としたワークショップの案内等も出来るようになりました。

【学習館 アートギャラリー】

【文化会館 文化ホール】

【学習館 コスモドーム】
購入画面ワークショップご案内
(クリックで拡大します)

お子様向けのコンテンツを、保護者様もご一緒に観て頂くことにより、当財団やスイトピアセンターの活動を広く知って頂くことに役立っています。

 -ダイレクトマーケティングが可能になりました-

顧客の購入履歴を一括管理できるようになり、簡単に参照も可能になりました。
過去に同種公演に来ていただいた方への次回公演の案内などが、簡単な操作で行えるようになりました。

今後の課題、要望

-思い切った手段をとることも視野に入れ、改善を図って行きたい-

 購入画面

まず、当財団ではコンビニ発券の利用率をもっと上げたいと考えています。 現状は、予約したチケットを受け取りに会館に来られるお客様の方が、圧倒的に多いです。
駐車場料金が200円、コンビニ発券手数料は150円とお得な価格設定にしてあるのですが、利用率の伸びがいまひとつです。今後は、発券手数料を思い切った低価格にする、あるいはコンビニ発券の利便性をもっと広範囲でアピールするなど、思い切った手段をとることも視野に入れ、改善を図って行きたいと考えています。

それとは別に、メルマガ会員登録を目的とした、簡易な会員登録の仕組みは実現できないでしょうか。例えば、QRコード読み取りから空メール送付でのアドレス確認を経て、登録というような簡単な方法がいいですね。

同様に、公演実施時のアンケートのデータ収集を兼ねて、メールアドレスが取得出来れば便利ですね。

 要望等は以上ですが、当財団では、ネット会員をさらに増やす色々な試みを、今後も継続して実施していく予定です。

最後に、アカシックのサポートの皆さまには、いつも迅速に対応していただけるだけでなく、こまめな改善など柔軟な対応もして頂き、大変助かっております。

以上

継続的な改善の試みに、弊社としても色々とお手伝いをさせて頂くことが適いましたら幸いです。 1年後を目途に、是非またお話をお聞かせ下さいませ。

貴重なご意見、ありがとうございました。

● 『公益財団法人 大垣市文化事業団』様 オフィシャルWebサイト
http://www2.og-bunka.or.jp/bunka/

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3320-6200 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]
株式会社アカシック パストラーレ事業部
パッケージ担当まで

PAGETOP
Copyright © Akashic Co., Ltd. All Rights Reserved.